• HOME
  • 記事
  • 体験記
  • 育児を優先したいという想いから、常に転科、バイト医への変更は考えています《整形外科/医師5年目》

育児を優先したいという想いから、常に転科、バイト医への変更は考えています《整形外科/医師5年目》

整形外科 医師5年目(夫: 異業種)
子ども2人 (2歳、0歳)

常に転科(整形外科→リハビリテーション科)、バイト医への変更は考えています

外科医としてやっていく自信がないこと、子どもと過ごす時間を多く作りたいこと、が理由です。
金銭面だけ考えればバイト医でもいいのですが、それが自分のやりたいことかと言われるとそうではないので、やはり変更は最終手段かなとは思います。時短勤務はできればしたいのですが、私の勤務先は未だ制度化されていないのでその選択肢がなく残念です。
リハビリテーション科も興味がある分野なので将来的な転科もありえますが、まずは整形外科として一人前になることを第一に考えています。

出産、育児の最適なタイミングは人によると思いますが、結果私はベストタイミングだと感じています

私自身キャリアで悩んでいるので、どこが良いタイミングなのかはわかりません。ただし、初期研修終了時に第一子、後期研修中に第二子を出産したことは全く後悔していませんし、年齢などを考えると自分の人生ではそれがベストタイミングかなと思います。

医師が長くキャリアを続けるために重要なことは他の医師との繋がりをなくさないこと

先日も医局内の女医会なるものが開催され参加しましたが、どんな形であれ育休中も関わりをもちつづけることがキャリア継続のモチベーションになると思います。
もっと大きな括りで言うと、医師も多様な働き方ができるようになれば良いなと思います。主治医制からチーム制へ、時短勤務の選択肢など制度上改善してほしいなと思うこともあります。
そもそも医師以外の道を考えたことも無いです。
仕事辞める選択肢は考えたことはありますが続けたいという想いが強いです。

妊娠中/子育て中の医師仲間との情報収集、交換等は直属の先輩女医さんに相談することはあります

医師特有の情報というわけではありませんが、やはり信頼できる情報源なのでベビーシッターや学童、習い事を始め育児全般の話は非常に役立ちます。
また、職場以外のママ友は公園や習い事で出会ったママ友がいます。
近所のママ友は子供の学校のことや地域のことの情報収集に非常に助かります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。